本文へスキップ

  

   江戸川のほとりにて科学啓蒙作家田井正博の塾「田井塾」として48年

教育内容program

塾での生活

 
          

 塾の前をお通りになられたとき、少し立ち止まって中からどのような声が聞こえて来るか、耳を澄ましてみてください。とは言いましても、雑談らしい雑談がまったくされていませんので、そのような声は外には聞こえないはずです。
 理由は簡単です。それぞれのお子さんが自分のペースで勉強し、つまずいている部分を先生が個人的に説明しているからです。その段階で問題が解決すると、お子さんは席に戻って、清々しい顔でまた問題を黙々と解き始めているのです。
 お子さんたちのこうした真面目な姿勢のお蔭で、田井塾は現在も「町中の小さな研究室」であることを誇ることができているのです。


体験学習について

 本的には1学年、約5名とさせていただいておりますので、この予定人数に達していない学年は「体験学習」を受け入れさせていただいております。まず、お電話を頂き、ご希望のクラスが体験可能かどうかご確認ください。お電話、お待ちしております。メールにてのお問い合わせもご利用ください。





「田井塾」研究室について・・・「『田井塾』の研究室兼書斎」にもお出でください。

 「田井塾」には塾としてひじょうに大きな特徴があります。それは、塾自体が研究室となっていて、お子さんたちがこの環境の中で学習をしているということです。しかも、こうした環境を維持すべく「田井塾」自体が翻訳活動を実践し、そしてこれを「作品」として世に送り出していることです。ここにこれまでに出版しました本を紹介させていただきます。

【翻訳書】
トミリン『おもしろい宇宙進化論』(東京図書・1977)
アルツィモヴィチ『プラズマ物理学の常識』(現代工学社・1977)
ティエムコ・ソロヴィエフ『地球の秘密を探る現代物理学』(現代工学社・1980)
ペレリマン『おもしろい天文学』(東京図書・1980)
ペレリマン『続おもしろい天文学』(東京図書・1980)
ゴレフ『理科のおもちゃ箱』(共訳・東京図書・1980)
ゴレフ『続理科のおもちゃ箱』(共訳・東京図書・1980)
ゴラント他『プラズマ物理学の基礎』(共訳・現代工学社・1983)
チェルニン『時間のはなし』(東京図書・1989)
ペレリマン『おもしろい宇宙の話』(東京図書・1990)
ミグダル『量子物理のはなし』(東京図書・1991)
ミグダル『理系のための知的好奇心』(東京図書・1995)
ミグダル『理系のための知的発想法』(東京図書・1996)
ミグダル『理系のための美を求めて』(東京図書・1997)
その他翻訳助手として多数出版。


【自著】
『時間の不思議』(東京図書・2005)

【現在の活動】
 田井塾は『時間の不思議』を発表して以降、空間論に関する資料を集め整理する活動を行っております。将来的にはどのような形になるか分かりませんが、とにかくこの活動だけは継続してまいりたいと考えております。


information

科学啓蒙作家の塾「田井塾」

〒133-0051
東京都江戸川区北小岩3−25−19
TEL.03-3671-1002